CAN CAN 1961

CAN CAN 1961年製
 年代的にトランジスタも使っていないと思われる。
 全てリレー、ロータリー接点&メカです。 昔の人は偉大だ


Malibu Beach 1980年式
 こちらは、Solid State Electronic


続きは・・・ また。。
スポンサーサイト

テーマ : 自己満足なんだっ!!
ジャンル : ブログ

夏休みの工作 自由研究 ~ ガリレオ温度計 ~

今年の自由研究の宿題は・・・

学校より理科の自由研究を行えとの指示があったみたいで・・・
      #それじゃ、自由じゃないだろ!!!

 柿ぴ:理科の自由研究のテーマって、何にするのぉ??? 
 息子:氷と塩で、ジュースを凍らしてアイスキャンディをつくるぅ~
 柿ぴ;おいおい、それ学校の理科の実験でやったやつじゃないの?
 息子:もう一回やってみたい・・・
 柿ぴ:テーマが見つからないのであれば、パソコンでネタを調べたら・・・

 しばらく、パソコンで調べて・・・

 息子:ガリレオ温度計を作ってみたい。。   

そんなわけで、今年の夏休みの工作はガリレオ温度計に決定!!

ガリレオ温度計の市販品はこんな感じです。  クリックするとAmazonにリンクしてます。 
3,000円くらいからでどこかで見たことあると思います。 

    

  #作るより買った方が安い、いやなご時世、だから理科離れが進むのか?
  #柿ぴはガリレオ温度計じゃないけど、いちばん右のドリンキングバードが作りたい、いや買いたいww(笑)
  
 ガリレオ温度計を物理的に詳しく知りたい大人の人は、「ガリレオ温度計について考える」
  ↑↑ こちらのページが詳しくて良いと思います。


さて話を戻して・・・・ 小学生の保護者用???

 今年は、少々手を抜いて、
 ネットには小学生向けのガリレオ温度計が簡単に作るそうな記事が・・・たくさん。
  ガリレオ温度計を作ってみよう
  ガリレオ温度計をつくろう


詳しく書くと息子に怒られてしまうので、検索で飛んできた、
ほかの人が作るときに参考になるようなポイント&さわりだけ

 実際に使った道具は下のようで、全て100円ショップに買い出し
 温度計は自宅にあった秋月の500円のデジタル温度計を使用

 DSCF2397.jpg
            #写真は作り終わって余ったビーズなので少量です。

 ・温度計となる小瓶は、化粧水入れ (ガラス瓶が良いけどガラス瓶のはありませんでした。)
   この化粧水入れは硬質の物で、蓋がぴったり閉まるものがいい。

 ・冷水筒かガラス瓶

 ・色つきのビーズはすべてプラスティックのビーズだったので、ガラス製の小さい小石??をスプレーで着色ww
   #できるだけ小粒の物を選ぶこと、白砂に着色の方がいいと思います。
   #プラスティックのビーズは軽いので使用できないと思われる。瓶もプラですし。。。


今回は、34℃,31℃,28℃,25℃,22℃,19℃の6種類に設定することに。
各温度調整の方法は、各作成の上記のページを参照してください

温度調整は、1g以下(0.1g単位)の微妙な調整が必要で思っていた以上に大変です。
細かな作業で結構根気がいります。

このため、小石(ビーズ)と呼ばれるほどの大きさでは、大きさを選んだり入れ替えたりで大変でした。
なので、公園の砂より少し位大きい、砂浜の白い砂くらいがいいかもしれません。
 (100円ショップだったら、お線香用の砂が使えるかもしれない)

遊びながらやって、作成1日 実験1日 計2日
締め切った日の当たる部屋で、朝、氷を入れて均一な16℃からスタートし午後5時ころまで
 実際は一日中見てたわけではなく、ビデオカメラのインターバル設定で撮影(30秒に2秒録画)で後から確認

 #柿ぴは氷を入れてスタートさせましたが、終わてから考えると、
  合わせて、エアコンで部屋を十分に冷やして実験するのがいいと思います。
  (瓶内の上部下部の温度差が大きくなるのが防止できます。
   氷だけだと最大2.5℃くらい温度差が発生します。)
 
調整時は、瓶のキャップの所に付いた気泡を取り除くために、良くかき廻して飛ばす事を忘れずに

また、瓶を開けて重さを調整すると、調整しているときに中に水滴が入ったりでうまく調整できなかったりしましたので、
砂を使うか、瓶の底に、砂を混ぜたエポキシを数mm位つけておいて、ある程度、ちょっと重いかな???程度まで調整し微調整の域に入ったら、紙やすりの上で瓶の底を少しずつ、削って微調するのが正確にできそうです。
 #柿ぴの場合、それに気が付かず、息子と相談して100円ショップで売っている化粧水用の注射器をまた買いに行って、水滴を1滴づつ加えて調整してした。



温度の上昇時は関係ないけど、下降時の誤差が大きくなる傾向があり、考察すると上に上がった瓶は表面張力が働いてなかなか降下しないと思われるので、界面活性剤の入った石鹸水などをちょっと加えてやるとよいかもと思います。 

オフセットがかかった時(全体的に2℃高いとか逆に低いとか)の場合のために、食塩水3%くらいでの水で作成して、塩分を0%~6%で調整すると、オフセットを調整できるかもしれない  逆に授業で習うので小学生の方が気が付くかもね??

結果論として、柿ぴが選んだ瓶(写真)は、キャップが若干傘になっていて内側に入り込む空気の量が毎回変わって良くない。(調整が大変)
 追記:このため、これから行う人はキャップのネジが切ってとこまでキャップを削った方がいいです。

息子が使った、お弁当のソースや醤油を入れるプラの容器の方が、調整したときの再現性が良くて、調整が早くて正確でした。
 追記:最終的には日によって動きが異なる・・。考えれば当然と言えば当然で、気圧の影響を受けてしまうので、受けるので、結局やわらかいプラの容器では絶対温度の測定は誤差が大きすぎてダメでした。

ただ、プラの瓶を使用した場合、実験結果の考察として、
たかが20cm程度のガラス瓶ですが、たぶん上部と下部で掛かる水圧が変わり、容積が変化してしまうため、上昇と下降での温度差が大きくなる。(下で調整した場合、若干容器が小さくなっているので比重が大きくなり、上部では比重が小さくなる)

同様に、ペットボトルや大きな瓶(写真)を密閉してしまうと、温度上昇に伴い、中の圧力が高くなり、上記同様に、容積変化が水圧の比でないくらい大きくなってしまうので、ペットボトルや瓶の蓋に水のこぼれない程度の穴を空けて、容器内部に圧力が掛からないようにしないと、調整値と完成時の値がめちゃくちゃになりますので注意!! 


こういう実験が好きなお子さんは、十分楽しんでできると思いますが、
興味を示さないお子さんには不向きな、ガリレオ温度計でした。

結果は、最低温度側は少し遅く動作し始め、30℃近辺もまぁまぁ しかし、やる気なしの瓶もいる。。
DSCF2372_.jpg DSCF2393.jpg

下の写真で気温32℃時に浮かんでいる瓶の水面より出ている高さの違いで、
重さがどのくらい微妙なのかが伝わるかな??

DSCF2401_.jpg

今回は息子は息子のを、柿ぴは柿ぴのを、競争して別々に作りました。
 (息子が作った方のが正確かも!?(笑) 写真は柿ぴが作った方のです。

 悔しいから、作り直そうかな?(爆)




ガリレオ温度計のその後は、こちらww








ガリレオ温度計 工作に必要な、秋月の500円のデジタル温度計はこちら↓

小型温度計モジュール(-50℃~100℃)[高速応答]

M-01745.jpg

ジャンボ時計付き温度計(サーモアラームクロック) JB916EXN


-----
ガリレオ温度計を作ろうとして、このページに検索で飛んできた方、
↓ちょっとでも役に立ちましたら、ぽっちっと「拍手」お願いします。

テーマ : 自己満足なんだっ!!
ジャンル : ブログ

AEDを知っていますか?

本日、会社にてAED(自動体外式除細動器)の講習会がありました。





皆さんも、駅を始め人々が多く集まるところに設置されているのを見た事があると思いますが、
もしもの時に、心肺蘇生、一次救命処置などができるように年に1度くらいは講習会などで学習しておきましょう。
 #字幕などが見づらいときにはフルスクリーンでどうぞ・・・




テーマ : 自己満足なんだっ!!
ジャンル : ブログ

プリウスPHV試乗記 Ⅸ ~ 最終日 ~

プリウスPHV 10days試乗モニターもとうとう最終日ww

返却のチェックを行っていると・・・ 
  自宅の駐車場前をおみこしが通り思わず写真を撮ってしまいましたww
pri05_10.jpg


10日間の試乗成績は
走行距離:740km 燃費:27.0km/L 平均速度:29km/h
満タン法燃費 給油:26.45L 燃費:27.9km/L 
 ※但し、燃費の中には電気費は含まれていないので間違えないように。
充電回数 7回(返却時を含む 自宅6回 宿泊先1回)
 充電による電力相当分を差し引いた実質燃費は25km/L程度(高速燃費)だと思います。
それにしても、とっても優秀な車です。。
pri05_11.jpg

今月(試乗モニター後半)の成績は、以下の通りでした。
100人中91番目の落第点らしい。 アドバイスの方は、頭に「燃費を気にする人は」と付けて欲しい(笑)。
pro05_08.jpg pri05_12.jpg


経済性について試算
 試算の前提
  車は10年10万キロを寿命とする(5万キロの人はそれぞれ差も半分になります)
  バッテリーで一回の充電当たり20km/3kwと仮定する。
   (平均20kmは新品24kmとし電池末期の劣化率を65%とした平均)
  ガソリンは150円と仮定する。
  遠乗りを加味しない。すべて電気とした。
  電気代は値上げ後を想定し25円/kw オール電化家庭(深夜)は10円/kw(柿ぴ家は電化でないので詳細不明)
  ノーマルプリウスの平均燃費を17km/Lと仮定する

  PHV   100,000km(距離) 20km/3kw 15,000kw 電気代 375,000円(25円/kw) 150,000円(10円/kw)
  ノーマル100,000km(距離) 17km/L 5,882L ガソリン882,353円(150円/L)

 #柿ぴの車の燃費は5km/L(街乗り)~8km/L(高速)・・・  そろそろ新しい車を買おうかな(爆)
  
環境性について試算
 確かにプリウスPHV君は電気走行時にCO2を自ら出すことはありませんが、
 火力発電の場合、その燃料からの電気のエネルギー変換効率は35%程度(送電ロスを含む)
 ガソリンエンジンの場合、 効率よいエンジンで約30%程度
 ディーゼルエンジンの場合、効率よいエンジンで約40%程度 ・・・だったと思いました。

 上記のエンジン効率は、燃料の輸送,GSの運営・・・などロスが含まれていない。
 同様に、PHVの場合はリチウムイオン電池の製造等に係るロス、充放電に係るロス(変換効率)が含まれていない。

 プリウスPHVのルーフに1~1.5㎡の太陽光パネルを付けて、1週間で満充電とかなら別ですが・・・。

外出先での充電
 結局、今回の試乗で柿ぴの場合は、宿泊先のペンションで充電をしたのみとなりました。
 買い物や食事時など出先で時間がかかる場合は良いと思いますが、
 それ以外の外出先での充電は充電時間(1時間30分)を考えると、たかがガソリン1L分の節約と比較し、
 充電時間はロスと考えました。(待ち時間にジュースやアイスを飲食すれば即マイナスです)

 また、PHVの場合その特徴を生かしてハイブリッドで走ればいいことで、トヨタディーラーの充電は良いとしても
 各充電スポットは、たとえ空いていても1時間以上占有するため、他の燃料が使えない電気自動車のために空けておくのがプラグ・イン・ハイブリッド(PHV)車及び所有者のマナーだと柿ぴは思います。
 (この辺は震災時に買い占め(必要以上に物を買って)や占領と同じで、本当に必要な人に物資が回らないのと同じ現象になると思います)
 プラグ・イン・ハイブリット車は、自宅、自身の勤め先など個人の施設・設備のみでの充電が必須だと考えます。

 それにしても、トヨタディーラーでの充電サポート体制が、全然整っていないことが残念でした。
 これは、トヨタ自身も自宅で充電するから、あまり必要性が無いと判断しているのかわかりません。

プリウスPHVについては、自宅充電設備の有無、自宅外充電、車体価格差、(補助金)などを加味し、
環境負荷なども含め、トータルで考えると柿ぴの場合は微妙です。

車両価格がノーマルプリウスと同じなら迷わずPHVですが・・・


それと、提案ですが充電時間は短ければ短いほど、良いと考える人が多いと思いますが、逆に10時間充電率などの低電流の充電モードが絶対に必要と思います。
これは、今回のように、実験的に宿泊先のペンションでの充電や(自宅でなく)実家や友人宅で充電する場合、電気を分けてもらう場所の契約アンペア数やブレーカが落ちるなど加減で相手先に迷惑をかけないためです。(300W 3A/100V時くらいなら大丈夫かと)
また、自宅においても家庭によってはアンペア数の変更も必要なく、ALL電化住宅でのエコ?給湯との同時運転でもアンペア数を気にする必要がなくなります。
同様に、今後プリウスPHVが普及してPHVの採用を考えた場合、各企業の営業車、地方の企業や工場で従業員用の充電設備を整備する場合を含め、仮に20台分として240A以上の供給能力と 40kw(200v)の電力供給設備が必要になります。これの負担を低減させる為に営業車なら夜の休車時(10時間)や、従業員なら就業時間内(9時間)で充電が完了していればいい事ですので、このようなモードが必要と思います。

 #このことは、企業へ売込時に他社を1歩リードするプロモーション&セールスに使えると思います。
 #このアイデアが実車に採用されたら、TOYOTAさんPHVを1台プレゼントしてね!! よろしく!!!

その他、
1.今回プリウスPHV君を借りて、ドライブ中の充電を行わず1日1回の充電で長距離ドライブを楽しんできました。
それにしても、ガソリン燃費の良い車で、本当に回生エネルギーを有効に使用している事もわかりました。
また、実際にはリチウムイオンバッテリーの約4kwhの内、3kwhがEV走行用で、1kwh分がハイブリッドようですが、今回の長距離ドライブで判ったことは、EV部分がなくなってからの、残1kwh分のバッテリーが有れば、それだけで本当に上手に制御され回生エネルギーの充放電が行えている事で、平均燃費が25km/Lを超えるという事です。
柿ぴの場合は1kwh分だけで本当に充分だと思います。(欲を言えば5kmくらいはEV走行したいけど)
このため、ノーマルプリウスに比べ定価ベースの本体価格差が80万円程度あるようですが、仮に価格共々、1/4に圧縮できれば車体も軽くなるし、それはそれで視野に入ってくるかもしれません。
 #ネットで調べるとノーマルプリウス君は1.3kwh相当のNi-MH Battery(モーターは同じ3JM式)だそうで、
  柿ぴの場合はノーマルプリウスが合っているのかもしれない。(性能がどのくらい違うのかは不明)
  でも、PHV用のコンセント工事をしたので、できれば充電して週末の買い物はEVで行きたい。

2.たぶんこのクラスの車では、エンジン+モーターで加速も良い方だと想像しておりますが、
欲を言えば、連続でなくていいのですが、合流や追い越し時のごく短時間(10秒程度、20秒有れば十分)だけで良いので、モーターの安全率ギリギリ(エンジンの回転数で言うと所のイエローゾーン,レッドゾーン)を使用して、もうちょっと瞬発力的なピークパワーが欲しいと思いました。(追い越し等では並走時間が短いほど安全と考えています)

3.現在、もうすぐ満14才の1998年式R34スカイラインを次の車検迄に買い替えを検討している最中で、今回の「プリウスPHV 10days試乗モニターキャンペーン」に参加させて頂き、「エコカー」と言う車への認識がガラリと変わり、選択肢の中にプリウスを含め「エコカー」が加わった事は言うまでもありません。本当にタイミングよく参加できたことに感謝いたします。
 #ちょっと、心が揺れています。。。



最後になりましたが、試乗モニターを通じて「最新の技術」に触れられ、「快適な空間」を提供していただき、「息子&友人との思い出」作りのきっかけ、本当に「楽しい時間」の機会を頂き、トヨタ自動車さま、試乗モニター事務局の皆さま、トヨタホームさま、本当にありがとうございました。

そして、ちょっと派手なプリウスPHV君でしたが、楽しい時間をありがとう。
pri04_32_.jpg


プリウスPHV君バイバイ~
pri_13_.jpg

----------------
追記:プリウスPHV試乗記Ⅶの設問の解答は
平均燃費 24km/L 平均時速 48km/h  

テーマ : 自己満足なんだっ!!
ジャンル : ブログ

プリウスPHV試乗記 Ⅷ ~ 南房総へ ~

今日は、友人たちと南房総へww 
この館山~南房総は、アクアラインも800円になり、東京からもアクセスも良く、館山自動車道ができ上がって、あまり渋滞せずにドライブにはぴったりのコース、そして、いちご狩り、フラワーライン、花摘み、菜の花畑、マザー牧場、海水浴などなど1年中楽しめて柿ぴは結構好きです。

ではプリウスPHV君とドライブしてきますww
pri_ph1.jpg

今回のルートは、
首都高⇒アクアライン⇒木更津⇒館山自動車道⇒
⇒洲ノ崎灯台⇒南房パラダイス⇒野島崎灯台  往復300km弱のドライブww
自宅充電のみ(充電予定なし)
pri04_01.jpg

本日のスタート
pri04_03.jpg

出発し首都高速に乗るも湾岸線で事故渋滞3km程度/30分にハマり、
川崎アクアライン分岐(モニター画面の設定が間違っていて区間燃費が計算できない)
pri04_04.jpg

海ほたるを通過したところ・・・今日の千葉はあまり天気は良くなさそう。。
pri04_05.jpg

東京から約1時間半 君津PAで休憩
距離70.7km 平均燃費36.9km/L 実質燃費25.9km/L(EV21km分を除く実質燃費) 
pri04_06.jpg

館山自動車道出たところ
距離103.9km 区間燃費27.4km/L 累計燃費33.2km/L 実質燃費26.5km/L
pri04_07.jpg

洲ノ崎灯台経由⇒南房パラダイス着
距離128.9km 区間燃費25.6km/L 累計燃費31.4km/L 実質燃費26.3km/L
pri04_08.jpg

南房パラダイスの駐車場ではサーファー達が日焼け止めのコパトーンを大量に塗っているせいか、甘ーいココナッツの匂いがして、海に来たなぁ~~ って言う感じww
pri04_09.jpg
お弁当ww とてもおいしい
pri04_10.jpg

pri04_21.jpg


このフラワーライン(約6km)は、日本の道百選にも選ばれており、春には菜の花、夏にはマリーゴールドなど季節の花々が彩る沿道のドライブは爽快な気分になること間違いなし
pri04_11.jpg

海岸ドライブを満喫しながら野島崎灯台へ
pri04_35_.jpg

野島崎灯台で走行記録を写真に撮るも、シャッタースピードの関係でデータを取ることができませんでした。

さて、ほぼ逆ルートで海岸線を走り東京に戻ります。
pri04_36.jpg

館山自動車道入り口付近
距離175.9km 区間燃費23.2km/L 累計燃費28.7km/L 実質燃費26.3km/L
累計燃費と実質燃費が近づいてきて、だんだん自宅で充電した電力が燃費に影響されなくなってきました。
pri04_26.jpg

そして、行きと同じ君津PAで休憩
距離208.3km 区間燃費25.8km/L 累計燃費28.2km/L 実質燃費25.4km/L
pri04_28.jpg

 プリウス君も休憩中ww
pri04_27-1.jpg



館山自動車道 アクアライン分岐 次は川崎を経由して東京へ・・。
心配していた天気も大丈夫でしたww
pri04_44.jpg

友人宅に到着
全行程走行 距離 275.0km ガソリン消費:9.9L 区間燃費27.0km/L
平均燃費27.9km/L 実質燃費25.8km/L 平均時速41km/hの表示
満タン法の燃費 給油10.3L  全行程燃費:26.2km/L でした。
puri04_47.jpg

前回の富士山ドライブでもそうでしたが、充電をあまり考慮しなくて25Km~27Km/Lは
コンスタントに走るようです。

車も静かで、約8時間の楽しいドライブができました。

そうそう、同乗した友人に言われましたが、シートが疲れずなかなかいいと・・・
言われてみれば、私も腰があまり良くありませんが、まったく気にならなかったので、なかなか良いシートだと改めて気が付きました。

また、駐車時の見切り視野は別として、フロントのビューもなかなか広く景色を見ながら快適なドライブができました。


総論は次回に・・・

テーマ : 自己満足なんだっ!!
ジャンル : ブログ

プリウスPHV試乗記 Ⅶ ~ 残るはあと2日 ~

早いもので、プリウスPHVの試乗モニターもあと48時間を切りました。

TOYOTAの試乗モニターキャンペーンのHPにもブログの転載が始まったようです。
     (TOYOTAのHPは、手を加えられることもなく内容は全く一緒です)
モニターブログを書き終えるまで、ほかの人のモニターブログは読まないようにしてます。

今週末息子は、空手の合宿で不在のため友人と外房方面にドライブでも行ってみるかと計画中。。

----
突然ですが問題です。。 (以前ブログに掲載したものですが・・・)

問1 プリウスPHVで買い物に出かけました。
   往きはフル充電だったのでガソリンの平均消費率は、30km/リットルでした。
   帰りはバッテリーが切れてしまったので、消費率は、20km/リットルでした。
   往復での平均燃費は、??km/リットルだったでしょうか?


問2 プリウスPHVで買い物に出かけました。
   往きは道がすいていたので、平均時速は:60km/時でした。
   帰りは少々混んでいたので、平均時速は:40km/時でした。
   往復での平均時速は、??km/時だったでしょうか?

 #無論、往きも帰りも同じ道ですよww
 答えは、書くまでもないが・・・。 解答は後ほど

----
若かった頃は目的もなく深夜のドライブと称して車を流したものですがその気にもならず
ドライブ記録はまた明日にして、溜まっていたネタを何点か・・・

まずは、ボンネットを開けて、1,800ccとは思えないこじんまりとしたエンジンが奥の方にあり、
右手前の銀色の箱がEV車の命ともいえるモーター制御のパワーコントロールユニット、実際のモーターはこのユニットの下にある。車室を広くとるために、ストラットタワーよりすべてフロント側にオフセットしている配置。FF車はこんなものかもしれない。
プリウスPHVの2ZR-FXEエンジンは 圧縮比13とは今どきのエンジンはこんなに高くてノッキングしないのか?ジジイは昔の事しか知らないので付いて行けてません。 
 #それにしてもTOYOTAのエンジン形式命名ルールは判りづらいのか(謎
pri02_01.jpg
ちなみにR34スカイライン君。 エンジンがドーンと偉そうに収まっています。
pri02_02.jpg

っで、プリウス君のエンジンフードに貼ってあるシールを見ると・・・
pri02_04.jpg pri02_03.jpg

この頃のLLCは7年も使用できるのですね。それとリチウムイオンバッテリーの他に鉛バッテリーも積んでいるとのこと。。 

そんなわけでリア側にまわり
柿ぴはハッチバック車としてはS31フェアレディZに乗っていましたが、Zは2シータのスポーツカーだったこともあり荷物を載せるというよりデザイン優先のハッチバック。 その点プリウスPHV君は実用車なので、ちゃんと荷物の積める広いハッチバックです。現在セダン乗りですが毎週の食材の買い出しなどはハッチバックのが楽ですね。
pri02_08.jpg pri02_09.jpg

左コーナーには、パンク修理キット
今どきの車はみんなそうなのか、プリウスPHVがリチウムイオンバッテリーを積むためにスペアタイヤのスペースがなかったのかわかりませんが、この手のパンク修理キットだと、バースト時やサイドウォールのコブや裂け、ホイールの変形には使用できない。この辺は確率論で割り切ってしまっているのかわかりません。ちなみに柿ぴは、過去に深夜の林道でパンクして途方に暮れた記憶から標準のスペアタイヤの他にボンベ式のパンク修理材と電動ポンプが積んであります。
pri02_07.jpg pri02_55.jpg
  #確か一般車のパンクする確率は8万kmに1回くらいだと聞いたことがあります。

右コーナーには、鉛バッテリー
ランプ・アクセサリ用などの補機類用と書いてあるが、柿ぴの想像では、万が一にリチウムイオンバッテリーやその制御装置が故障したときに、セルや保安系機器、イグニッション系などのバックアップ的にも使用する動作用ではないのかと思います。たぶんこのバッテリーのみでエンジンをかけて普通に走行できそうな気がするが実際の所は判りません。。
pri02_10.jpg

荷室の下は全面リチウムイオンバッテリー
目見当ですが、幅90cmx奥行55cmx高さ15cm程度の大きな電池の塊。
諸元表を見ると3.7V/21.5Aの電池セルを56個直列に接続して定格207.2Vとの記載。(充電終了時235.2V)
まぁ1つの電池セル毎に安全回路や制御回路が組み込まれていると思うけど、56個の直列となると各電池セルのバランスをどうやって制御しているのか興味が引かれる。長い時間の間には他セルより先にヘタってアンバランスになったり、お亡くなりになるセルもいるだろうからバイパスも必要だしなぁっと変な心配してみたり・・・。
pro02_11.jpg

ラベルを見ると4.4kwhとの表示、EV駆動用が約3kwh、HVモード時のEV使用が約1kwh 残り0.4kwhは使用しないかスタート時の残量と思われる。ちなみに携帯電話の電池約1,500個分、多いとみるか、意外と小さいとみるか微妙な量である。
pri02_13.jpg

次に注意・警告ラベルですがこんな感じで・・・
pri02_14.jpg

ほとんどのアイコンの意味は想像できたり知っていたりするが、次の2点がはっきりとした意味が判らなかった
青にメガネのマークは、一瞬わからなかったけど、まぁ、メガネをして作業してくれと言っているのであろうと理解した。
pri02_15.jpg

想像がつかなかったのは下のマークで、赤丸に斜線なので禁止なのはわかる。しかし、子供が手を引いているようにも見えるし、逃げているようにも見える。どんな意味なんだろうかと、しばし・・・。
作業を途中でやめてはいけない? 子供に呼ばれも遊ばないで仕事しろ? 何か事故が有って危険な状態になっても逃げないで最後まで責任を持ってやれ? 上に載って遊んではいけない???
 月曜日になれば会社で調べられるが今はちょっとわからない。
pri02_16.jpg

ちょっと話題が逸れてしまいましたので、話を戻し・・・
プリウスPHVをHVモードで、エネルギーモニター見ながら運転していると、エンジンの細かなオン/オフから始まり、エンジンの余剰エネルギーや、ブレーキ時の車の慣性エネルギーなどなど、エネルギーを一切無駄にしないで走行しているのかわかる。さらに、パワーが必要なときには、エンジン、モーターのバランスを本当に細かく制御して、運転者は表示モニターが無ければ気が付かないほどさりげなく、その繋がりも本当にスムーズにコントロールしているのが判る。
走った感じでは、たぶん無段階変速機と組み合わされたエンジンは、一番効率の良いポイント(2点)で動作させている感じがした。
電気でモーターだけ、エンジンだけ、エンジンとモーターで駆動
そして、エンジンのエネルギーが余っているときには余剰分を充電、
パワーが少し多めに必要なときは、エンジンの出力+エンジンのオルタネータで発電したものでモーターを回す
もちろんアクセルを緩めれば直ぐに、バッテリーの充電エネルギーに回すなどなど、
この辺にも、担当した設計者,技術者の拘りと、苦労と、高い技術力が本当に伝わってくる。
本当にきめ細かい制御をしていました。
pri02_17.jpg
       ※判りやすいように色は後から付けてます。
------------
それと、前回の ~ちょっと気になる所~ で書き忘れましたが・・・・
折角、車幅が1,745mmと余裕があるのに、いたずらに室内を狭くしているのが写真のコンソールの幅、
しかも電子制御でFR車みたいにここの下にミッションがあるわけでもないのに、なぜ、ここにこんなに幅広いコンソールが必要なんだ???
pri02_18.jpg

しかも下は空間があいており、ほとんどデッドスペース。
pri02_20.jpg

どう考えても、シフトノブは、コラムかフロントで良いだろう。その分を室内空間に振った方がいいと思います。
  #これじゃ若い人たちは助手席の人とも仲良くなれない??

そして、ハンドルにシフトのB⇔Dの切り替えが必要
どう考えても、今どきの0.5℃刻みのデジタル制御のエアコンで、その温度設定がハンドルに付いているほど頻繁にコントロールする人は居ないと思われる。昔のレバー式のエアコンじゃあるまいし
また、NAVIの「広域」「詳細」をタッチパネルで行わせるくらいなら、こんなところに、音量設定もいらない。
pri02_21.jpg pri02_31.jpg

 見た目も重要なことは判るけど・・・なんで、デザイナーは見た目だけ重視なんだ、
 人間工学に基づいて機能をパッケージするのが工業デザイナーでしょ!!

おまけ、リアゲートを閉める時に、半ロック状態になることがあります。
普通の力で普通に閉めた時に、ちゃんとロックがかかるようにしてほしい。
 (ある程度勢い良くしめないとロックしません)


あっ、忘れるところでした、
    先頭に記載した問題の解答

平均燃費:25km/リットル  平均時速:50km/時 っと 
 即答した方がかなりいたと思いますが・・・・
 
 不正解です。

 もう一度考えてみましょうww

テーマ : 自己満足なんだっ!!
ジャンル : ブログ

プリウスPHV試乗記 Ⅵ ~ ちょっと 気になる所 ~

平日は、ほとんど車を運転しないので先日のドライブで気がついたところを何点か・・・

はじめに、この夏のプリウスPHV 10daysモニターは各週5人/4回で20名とのこと
驚くほど低燃費でエコカーという分類に入るけど、走りもなかなかいい車なので、きっと他の皆さんからたくさんのお褒めの言葉を貰っていることであろう。。なので今回は少々左に舵を切って、柿ぴはユーザー視点で少々気づいた点と要望を書いてみたいと思います。

この車に初めて座った時、20世紀末期のR34君に乗っている柿ぴにとって、インパネ周りやスタート方法、無音でスムーズな走り出しなどを含めて、時は随分流れ21世紀になったものだと改めて驚きました。今どきの車は普通なのでしょうけど、Bluetoothによる携帯通話もとても快適でした。


1.プリウス君と所有のR34スカイラインを比べればプリウス君の方が全長にして一回り小さいので乗りやすいはずと思っていたのですが、どうも乗りづらいというか、路肩に寄せる時や駐車場に入れる時など見切りが悪い。
pri30_10.jpg

これは、ボンネットがあるにもかかわらず、まったく見えないので、どこが先端でとか、路肩との間隔がどのくらいだとかわかりづらい。

測定してみると、
プリウスPHV ボンネット長 90cm 見えなくなるワイパーから先端まで100cm
スカイライン ボンネット長 130cm 見えなくなるボンネットの中腹から先端まで60cm
プリウス君の方が見えない部分が長い。
R34の場合、見えない部分が60cm分だけで、見えているボンネット(60cm)の倍の長さの所が先端であり感覚的にわかる。しかし、上記の写真でわかるように、基準になるボンネットがまったく見えない。

路肩との間隔もボンネットが見えていると、その左端の延長線上と路肩の間隔が感覚的にわかるのであるが、プリウス君の場合その目印になるボンネットがまったく見えないのだ。


2.プリウス君はリアのデザインも外から見るとなかなか良いとおもう、しかし室内から見るとルームミラーのちょうど中腹に思いっきり死角がある。上の写真でもわかるが、後ろから近づいてくる車が見づらい。
運転中(特にレーンチェンジなど)は0.1,0.2秒程度の短い時間を繰り返し数回見て安全かどうか判断している。柿ぴが愛用しているワイドミラーだとさらにCピラー相当部も邪魔をしてて見づらい。脇も見えないし、写真は夕暮れ時で後ろから宅配便のトラックがライトを点灯させて来ているが・・・・こんな感じである。
pri30_11.jpg

デザイナーはもっと考えられなかったのだろうか??


3.プリウス君に付いているNAVIは、タッチパネル式のNAVIである。
地図を「詳細」「広域」するキーを左右に配置したくなるのは判るが、実際には、現在の地点で詳細にしたり広域にしたりする操作の頻度は高いはずなのに、なぜ手の移動量が多い両端に配置したのか少々疑問である。(緑円の部分)
この「詳細」「広域」キーは、右下に、左右か上下に並べて配置するのが正解だと思う。
ここも見た目(デザイン)重視か?
pri30_13.jpg

それにだ、ピンク部分の右側には、頻繁に押すと思う「現在地」キーがある。
この部分がフラットになっているが、運転中に目線を動かさず指の感覚だけでキーの位置がわかるように突起や凸凹させるとかキーの形を変えるとか、デザインするべきではないのか? 見た目の美しさのデザインでなくて、目線を動かすリスクを減らすための工業デザイン的には考えられないのだろうか?

また、車載の場合、いろいろな方向から室内に光が入ってきてNAVI画面が見えなくなる事がある。300万円を超える車のNAVIなのだから、単なるタッチパネルではなく偏光板の入ったタッチパネルを採用して、外光反射を抑え見やすくして欲しいところ。。

使い方を熟知していないだけかもしれませんが、かなり改良の余地があるのが20世紀に取り残されたと思ってしまうほどの純正のカーナビ。カーナビを作っているのはトヨタではなく電装品メーカーであるが、ユーザーから見た時には世界最大の生産台数誇るトヨタ自動車の製品

NAVIの音声操作が全く良くない。タッチパネルで操作できることはたくさんありますが、もっと音声認識を取り入れ、会話的にすべて操作がタッチパネルでも音声のどちらでも、運転者の状況に応じて入力できないものか?G-BOOK操作の音声操作連携もほとんどない。表面の機能は進化しているけど、操作性は10年以上前のパイオニアのカーナビと五十歩百歩、地図としての見やすさについてははっきり言って劣る。
それに、この車に限った事ではないがタッチパネル操作は直感的でいいけれど、いちいち手を伸ばさなければならず、目線も移動するリスクがある。
ぜひシフトノブの右下あたりで、アームレストに腕を置いた状態で、スマートに指の感覚だけで基本操作できるリモコンも欲しいところだ。(赤丸印の所あたり)
pri01_16.jpg

ルート検索も、最短ルート、大通りルート、有料道路優先など、最低3つ以上のルートを一度に検索して画面に表示し、運転者にどのルートにするか選ばせるくらいの事はして欲しいところです。
また、ルートを外れた場合でもアナウンスが無く、かなり遠回りになっても直進を優先した新たなルートに勝手になる。そうなると自分でNAVI地図を見てUターンするか、脇道で復帰するかを判断しなければならない。しかし、当たり前だが前のルートは既に消えておりルートの先がどうだったのか不明になり・・・改良の余地がたくさん。。

ちょっと話は逸れるけど、プリウス君はエコを前面に押している車なので、フロントの表示部分にいろいろな表示ができる。「エネルギーモニター」「ハイブリッドシステムインジケータ」「1分間燃費」「月別燃費履歴」などなど・・・
pri01_04.jpg pri01_05.jpg

pri01_03.jpg pri01_07.jpg pri01_06.jpg


もし柿ぴがプリウス君を購入した場合、はじめの半年くらいは楽しめても1年も経たない内に飽きてしまうと思われるし、その頃にはこの車にあった最適な運転方法が身についているであろう。
ここで提案だがNAVIと連動させ、上記のNAVI画面への目線移動量は低減しないが、NAVI画面を見る頻度を低減するために、NAVIインジケータをこんな感じで表示をしてはどうであろうか?
次の交差点名 そこまでのリアルタイム距離 曲がる方向 など・・・
pri01_09.jpg

自動車メーカ純正のカーナビは、黙っていても車と一緒に売れてしまうし、逆にNAVIが売れなくても自動車メーカには関係ないので、競争がなく進化しないのであろうか?

それに、NAVIの取り付け位置が少々低い気がします。
なぜこんなに、目線移動や視野の事を強調するかというと、若い方々にはわからないかも知れないけどだんだん高齢になってくると、本人も気が付かないうちに判断力もだんだん落ちてくるし、視力も衰え、老眼も入り、視野の範囲も狭くなったり、手元への目のピントスピードも遅くなってきます。これから高齢の運転者も多くなってくる中で安全&快適に運転するためには、この辺への配慮も忘れずにお願いしますよ!!

3.プリウス君に限らず、この頃の車の機能なんだろうけど、
夜に車のそばに近づくと、スマートキーの仕組みでルームライトが点灯する小技には感心しました。
しかしながら、駐車場に駐車して、エンジンをOFFして、車から降りてスマートキーでカギを閉めたのであれば、ドアミラーを自動でたたむ機能ぐらい今どきなら普通に有ってもいいのではないかい??グレードで違うのか??
それと、ルームライトを自動で点けたり消したりするのだから、誤って、ルームライトを点けたままで降車しスマートキーでロックしたのであれば、自動で消すとか、消し忘れアラームが鳴るとか、時間が経過したら自動で消すとかならないのかな?この辺の小技はお手軽な気がするがどうだろうか??

4.次に気になったのが、バックする時のシフトノブとシフトパターン
プリウス君のシフトパターンは、マニュアルミッションのような操作になっている。
pri01_10.jpg

ここ10年はAT車に乗っている柿ぴですがそれ以前20年以上MT車に乗ってきた柿ぴにはマニュアルシフトパターンが染みついている。別に普通の前後に動かすAT車運転時には気になったり、間違ったりすることはないのであるが、このプリウスPHVのシフトノブ式はとても気になる。
特にバックのシフトパターンは、シフトノブを右に倒して上側にするのであるが、通常の5MT車の場合、右手前下がリバースである。無意識であるが”バックする”思考と”シフトノブを右に倒す”という動作から、次には無意識に手前に引いてしまう。ここ数日間では慣れませんでした。(まぁ、慣れの問題か?)
また、左下のエンジンブレーキのレンジであるが、坂道下りでのエンジンブレーキに使用するのはもちろんであるが、減速時に回生エネルギーを積極的に生み出したいのでブレーキを踏む前の減速に結構使うと思うのですが、もう少し強めのエンジンブレーキ相当か、2段階あるとかでも良いと思う。感じとしては減速時にCHGメータが1/2~2/3ていど振れるくらい分

長くなりましたので、ハイブリッドの制御や、経済性と環境性などについては、また次回にしようと思います。

テーマ : 自己満足なんだっ!!
ジャンル : ブログ

プロフィール

柿ぴ

Author:柿ぴ
柿ぴのブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カウンタ
カテゴリ
フリーエリア
殆ど自分用???ですが
宜しければお願いします。

FC2レンタルサーバーLite

価格.com 自動車保険

チューリッヒ保険

自動車保険はアクサ

  通販

Amazon.co.jp通販サイト

Yahoo!ショッピング

   楽天市場

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング


ベルーナ

セシール

ニッセン

ワコールショッピングサイト

プライムショッピングで通販

東急ハンズ「ハンズネット」

ショップチャンネル

ASKUL

パイオニアオンライン

ドミノオンライン本店

いいもの王国

ioPLAZA【ハイビジョンレコーディングハードディスク】

ブックオフオンライン

ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

ニッセン

ベネッセ・進研ゼミ ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ ベネッセ・進研ゼミ
電力使用状況&電気予報
フリーエリア
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
href=