スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーキット 走行会

22年??ぶりにサーキット走行会。。 たっぷり3時間

 P1000908.jpg

パドルシフトは付いていない車なので、D4で走行(1-4速までの自動変速)
基本スポーツモードへの切り替えを心がけていたが、エコモードから切り替えを忘れて走行してしまったことも。
気にはしていたけど気が高ぶっていることもあり、あっさり忘れてしまう。
やはり走行前チェクリストを作成し、インパネの所に張っておかないとダメだね。

例えば 
 1.メットのあごひも
 2.ビデオカメラ スタート
 3.スマホの設定
 4.ATをD4設定。
 5.ATをスポーツモードに設定
 6.ビデオカメラOFF(戻ってから)   っな感じで、次回は作成する。

っで、へたれで、ヘタッピなので、走り方についてどうのこうの言えないので
そのへんは置いといて・・・

この頃の車に標準装備のESC(Electronic Stability Control:横滑り防止装置)は凄い
確かに、サーキット走行に邪魔そうだけれど・・・・

最終コーナーやその他のコーナーでも、
危ない時というか、ここから微妙にコントロールして少しでも早く立ち上がりたいと思って
アクセルを微妙に踏んでいってもESCが介入して、あっさり無視される。。
しかも、ESC介入が長いというか、尾を引く感じがする。
たとえば、コーナーの出口が見えて、ハンドルを戻しながら、このまま安全に出口に正対するはずと思い、ベタ踏みしてもなかなかスピードが乗ってこないし、危なげに尻が流れ出しそうになることも無い。
ESCはほんとうに安全な装置である。ちょっと邪魔な気もするが、このスイッチを切る勇気はない。

みなさん事故も無く、ほとんどの人はブレーキパッドを交換していなかったけど、
1コーナーで危なげに突っ込んでしまうひともいなく楽しいひとときでした。
柿ぴの場合、パッドも交換してあるので、(柿ぴなりに)ギリギリまで溜めて深いブレーキを踏むことができたww

また、新車装着の純正タイヤは、グリップ力が足らなすぎる。。
もしかすると、R32TypeMなどと比べると、車重がかなり増しているので、
体感する横Gにたいして、タイヤが耐えなければならない(必要な)摩擦力が
かなり大きくなってしまっているのかもしれない。
しかし、高性能タイヤへ履き替えるお金は無い。。

データ的に見ると
バックストレートの最高速(目視)
        :145km/h くらい (ビデオカメラのセッティングが悪くうまく映っていなかった) 
ベストタイム :1:19.94(スマホGPSで計測なので正しいか不明)
走行距離  :97km (サーキットに入ったときにトリップをResetしたはずなんだか記憶が定かで無い)
                50周も回ったかなぁ?? 記憶違い??
燃費    :5.2km/l (同上)

今回、初期投資もそれなりに掛かっているので、また行きたい。。
スポンサーサイト
プロフィール

柿ぴ

Author:柿ぴ
柿ぴのブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カウンタ
カテゴリ
フリーエリア
殆ど自分用???ですが
宜しければお願いします。

FC2レンタルサーバーLite

価格.com 自動車保険

チューリッヒ保険

自動車保険はアクサ

  通販

Amazon.co.jp通販サイト

Yahoo!ショッピング

   楽天市場

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング


ベルーナ

セシール

ニッセン

ワコールショッピングサイト

プライムショッピングで通販

東急ハンズ「ハンズネット」

ショップチャンネル

ASKUL

パイオニアオンライン

ドミノオンライン本店

いいもの王国

ioPLAZA【ハイビジョンレコーディングハードディスク】

ブックオフオンライン

ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

ニッセン

ベネッセ・進研ゼミ ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ ベネッセ・進研ゼミ
電力使用状況&電気予報
フリーエリア
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
href=