サイクロン掃除機??

柿ぴ家では、各階に掃除機があるわけですが・・・・
1階,3階のはほとんど使用しない。
1階は部屋を使用していないこともあり、3-4週に1度,3階は週に1度ていどか?
これらの掃除機は15~20年くらい使用しているかも知れない。

リビングのある2階は2日に1度程度使用している。
2階の掃除機が一番新しくそれでもかれこれ9年になる。

もちろん全て日立製作所製であることは言うまでもない。
  

壊れたと言っても、掃除機本体ではなく掃除機の自走式ヘッドモータの調子が悪い。。。
モータも回転ローラーもブラシも生きているのであるが、モーター → ローラーへ回転を伝える部分の樹脂のギアやカムが劣化&摩耗してしまった模様で、ギャァァ~っと悲鳴をあげる。

本体が正常なだけに、掃除機ヘッドを交換するか、新しい掃除機を購入するか迷うところである。
ちなみに掃除機の電動ブラシヘッドは保守部品で9k程する。

新しいものを購入するとすると、その中ではサイクロン式掃除機なるものが候補にあがる。 
そんなわけで、どのようなものかカタログ&現物を見てきた。

1.おおむね、サイクロン式の方が軽い。。
 もともと、吸引力が小さいようだ。 標準的なもので
 ・サイクロン式:440W~60W (仕事率)(960W~約190W消費電力)45%程度
 ・従来方式  :650W~約100W(仕事率)(1,170W~約240W消費電力)55%程度

 なぜか、ダイ損はカタログやネットで見られる取扱説明書にも省電力も仕事率も記載なし。

うんで、サイクロンの宣伝では、吸入力が衰えないとかなんとか。。
カタログをよく見ると、これには裏がありそうで確かに毎回ゴミカップ??を掃除をしなければならないところを、
逆手にとってこのように記載宣伝しているのであろう
  pana_2.png

 上記のグラフは、判りやすいよう??騙しやすいように??縦軸左上の開始位置をそろえて表示しているので、イメージ的には判り
やすいですが、元々の吸引仕事率が違う(開始位置が違うため、たとえ従来品が弱くなってきた時点でも吸引力は従来品の方が勝っているのではないのか? (吸引力は少なくなっては行くけど・・・。)

 確かに(従来品比で)吸引力が(あまり)変わらないのは事実であろうけど、何かだまされている気がするのは柿ぴだけだろうか?

ちなみに、リビングの従来型掃除機は紙パックを使用しないタイプであり、毎回ゴミ捨てをしようと思えば紙パック代が掛からず捨てることができる。・・・なので、吸引力は低下しない。

ちっと視点を変えて
サイクロン式は円錐状または円筒で竜巻?を起こさせて、塵を分離しているわけであるが、
実際のサイクロン型掃除機では、ダストボックス内でゴミがグルグル回り続けてゴミを分離。その回転数は柿ぴが思っていたより遅く、現物を見た感じ早いもので3~4回/秒=180~240rpmのように感じた。 こんな回転数で小さなゴミやホコリも留めておけるのか? なんとなくもっと早く回っていると考えていた柿ぴの感覚とは大きく違った。 

自己納得のために、いい加減な計算(たぶん間違っている)をしてみる。

うんじゃ、どの程度のG(重力加速度)が働いて、ゴミをダストボックス内に留めさせていくのか疑問が生まれた。
アホな柿ぴはサラサラ机上計算できるわけもなく、ネットで引くと
ennshinnryoku.png
直径15cmのカップで190rpmで回っていると、およそ3Gの遠心力
直径15cmのカップで300rpmで回っていると、およそ7Gの遠心力
イメージ的には判りづらいけど、1Gに比べてひらひらゴミが落ちる速度の3~7倍で落ちる感じの力、ゴミの重さが、3~7倍になった感じか?
っで、直径15cmのカップ内を3~4回/秒回ってるのであれば、内部の風は150x3.14x4≒1,800mm/s=風速1.8m/程度。。。 あくまでも感覚としては、7Gで1.8m/sくらいの風ではGが勝って一応舞い上がらない(カップに押さえつけられている)感じはするが・・・どうなんだろう

そもそも砂ホコリでなくて、比重がほぼ空気に近い羽ホコリや微粒子のPM2.5などなどは、フィルターがなくてキャッチできるものなのか?  
また、起動時や終了時の遠心力が弱いときに、ゴミが排気と一緒に排出されることにならないのか??
不思議な感じがする。

先記のサイクロン:440W~約60W (960W~約190W) 45% 従来式:650W~約100W (1,170W~約240W) 55% 
この10%効率の差は、ゴミをグルグル回すために必要なエネルギーなのだと。勝手に想像した
どちらにしてもあまり重要でない。
とりあえず自己納得しておこう。。

なんて吸引仕事量を従来機に合わせこないのかも不思議
吸引仕事量が少ないのは、ダストカップに容積が取られ、大きなモータが実装できないとか、サイクロン方式でメジャーなダイ損はもっと小さい値なので、国内各社は良しとしているのか不明である。

まぁ、そんなことはどうでも良くて、

っで、頭が固いのか、新しいものについて行けないのか、疑心暗鬼状態。
なんちゃって技術屋である柿ぴ的には、直感的??に、紙パック式の方が優位であると思われる。

 
サイクロン式は目新しいのは判るけど・・・

吸引力が落ちない ⇒ 毎回掃除しなさい。そりゃ毎回清掃すれば吸引力は落ちないよな
               毎回ダストカップを掃除するのは嫌です。

サイクロン  ⇒特定の条件がそろわないと性能が発揮できないのか?
          例えば比重がいくつ以上のゴミとか、なんか条件があるような

使ってみたい・買っていたい気もするが・・・
 自己説得のために、ダイ損を選択しない理由をあげてみた:

1. 世界的に同一のものを販売しているメーカは、日本の風土に合っていない気がする。
  例えば、世界的に見れば家の中も土足で歩く文化の方が多く、
  ダイ損社=イギリス=土足文化である。 ゴミの質が違うのでは??

2."デジタルモータ"はダイ損だけ言うことの宣伝が・・・、なぜ??という感じがする。胡散臭い。
 ⇒デジタルの名前から、ステッピングモーターでも使用しているのかと思ったけど、
  まぁ用途が違うし、分解図を見ると、単なるDCブラシレスモータじゃん。たぶん
  極性切り替えているのがデジタルといえば、ブラシレスモータはみんなデジタルモーターじゃん
  それに、小型化のメリットはあるけど、その他にDCモータにしたのはバッテリーで使用するため?
  ほかに理由があるのか?高額になるだけ??

3.”デジタルモータ”以外にも、宣伝の方法が旧シャーピと同じニオイがする。

4.「充分な運転時間で家のすみずみまで掃除できます」と言いながら、
 50分充電で、通常モード・モータヘッド使用時の運転時間は16~25分程度、柿ぴ家では不足。
 階段の無いマン損なら良いかもしれない。。

5.充電式で使い勝手は良いのだろうけど、バッテリーはへたるしな

6.まだ、サイクロン式が成熟した技術では無い気がする。

7.奈保子が宣伝していない。

そんなわけで、自己説得して、サイクロンではなく従来方式の掃除機にすることは決まったのであるが、
新しいのを買うか、保守部品の電動ブラシヘッドを買うか、悩みはつきない。
   

次回に続く。。

取り合えずの更新でした。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

柿ぴ

Author:柿ぴ
柿ぴのブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カウンタ
カテゴリ
フリーエリア
殆ど自分用???ですが
宜しければお願いします。

FC2レンタルサーバーLite

価格.com 自動車保険

チューリッヒ保険

自動車保険はアクサ

  通販

Amazon.co.jp通販サイト

Yahoo!ショッピング

   楽天市場

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング


ベルーナ

セシール

ニッセン

ワコールショッピングサイト

プライムショッピングで通販

東急ハンズ「ハンズネット」

ショップチャンネル

ASKUL

パイオニアオンライン

ドミノオンライン本店

いいもの王国

ioPLAZA【ハイビジョンレコーディングハードディスク】

ブックオフオンライン

ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

ニッセン

ベネッセ・進研ゼミ ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ ベネッセ・進研ゼミ
電力使用状況&電気予報
フリーエリア
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
href=